私がおちいった、消費者金融などの借金地獄について。

私が借金を抱える人生となってしまった理由は、学生の頃に詐欺の被害にあってしまったからである。
私が幼かったのが悪いと思いますが、高額な仕事を紹介してやるから保証金を預かるなどと言われ、何も疑わずに消費者金融に行き数十万円を借りてしまいました。
それから、お金が足りなくなると、消費者金融で金を借りては、返しての繰り返しとなり、気がついたら、いつも借金があるという状態になってしまいました。
また、性格的なものもあり、借金をしてもそれ以上に収入があれば安泰だと思っており、ガンガン稼いで、ガンガン借りてという悪循環の生活となりました。

私は、家族や友人から借金をしたことはなく、全て銀行や消費者金融から借り入れを起こしています。
手頃なところから借り入れて、後から金利の安い業者に借り換えを行うことが多く、この様な手法で15年くらい金を回しています。
もちろん、住宅ローンや車のローンなどもあり、借財は極めて多いと思いますが何とかやりくりをしています。

借金をしていると、やはり精神的に追い込まれた状態が続くので、いつもツライ状態で生活をしています。
また、お金が必要にお金を借り入れようと思っても審査に通らないこともあり、今後どの様にして生活をすれば良いのかわからなくなってしまうことも多々あります。
そして、この借金の事実を身内は知らないので、これも精神的に追い詰められる原因です。
家族は、金があると思っていますので、そんなに節約などはしません。
この借金の事実を家族に打ち明けられたら、借金返済に協力をしてもらえるかもしれませんが、もしかしたら、それが原因となり、離婚とならかもしれません。
そんな事を考えると、なかなか家族に相談が出来ずに1人で悩む事が多いです。

借金を清算した方が良いと思い、実際に検討をした事がありますが、いろんな不具合があるので、その方法を取るのはやめました。
不具合とは、古物商の許可と警備業務の関係があります。
どちらの仕事にも携わっているので、破産の手続きをすると、同時に職を失う事にもつながります。
借金がなくなったとしても、仕事が無くなっては意味がありません。
そのため、なるべく金利の安い業者に借金をまとめる様にして、何とか自分で出来る範囲の節約をしながら、細々と返済をしている状況です。
専門家には、破産をしなくても、債務整理ができるか聞いてみたい気持ちもあります。
金利が安いと言っても、多額になれば、金利もある程度の額となってしまいます。